3月30日(土)、城西支部研修部主催の「第50回研究成果発表会」が開催されました。本年も発表者含めてオンラインでの開催で、最大約70名の方の参加がありました。

当日は城西支部の9研究会に城西プロコン塾(JOPY)を加えた10のグループが活動の成果を発表しました。

製造業、飲食業から水産業まで幅広い業種にわたり、支援テーマも労働災害防止、リサイクル、飲食業個店の伴走支援、飲食業の競合調査手法、商店街支援、データマネジメント、国際展開など多種多様な分野での研究成果を共有していただくことができました。

城西プロコン養成塾(JOPY) 倉田雅光氏の発表

 

各研究会の活動をお聞きするなかで新たな知識と刺激をいただくとともに、企業内診断士の強みを生かした取り組みのヒントや診断士の強みである経営の視点を重視した社内ルール作りへのアドバイスなど、新しい気づきも得られました。

新しく設立されたばかりの研究会の紹介もあり、これから研究会に参加しようとする方にも大変良い機会になったと思います。城西支部の研究会の活動が今後さらに活発になっていくことを感じられた一日でした。

 

 

城西支部 研修部 山口尚彦