「エシカル消費」を実践していますか

城西支部  岡 栄一

 

〇「エシカル消費」とは
「エシカル消費」という言葉を聞いたことがある方が多いと思います。直訳すると「倫理的消費」という意味で、消費者庁の説明によると「消費者それぞれが各自にとっての社会的課題の解決を考慮したり、そうした課題に取り組む事業者を応援しながら消費活動を行うこと」です。これは、2015年9月に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)の17のゴールの内、特にゴール12(つくる責任 つかう責任)に関連する取り組みです。
 少し噛み砕いていうと、地球環境や社会環境、生産者の労働環境等に配慮して作られた商品やサービスを購入・消費することであり、単純に安いものを選ぶということではなく、誰が/どこで/どのように作ったのかといった背景を考えて選んで購入し、消費することです。
 このような良識に従い個人が倫理的な消費活動を行うことは、“次世代も変わらず平和で豊かな生活を続けていくことができる持続可能な社会(サステナブルな社会)の実現”に繋がります。

 

〇私たちができる具体例
「エシカル消費」として私たちができることはどんなことでしょうか。具体例を以下に記します。

 

① フェアトレード商品を選ぶ
 フェアトレードとは公平な貿易で原料などを調達することです。安い価格の商品の中には、発展途上国で人々が不当に安い賃金で働いていたり、子供が働かされていたりする実態があるかもしれません。
 以下の国際フェアトレード認証のマークなどを参考にすると良いでしょう。
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
② 地産地消を行う
 商品を遠方から輸送すると多くのエネルギーを消費すると共に温室効果ガスが放出されコストが掛かってしまいます。その地域で作られた商品を消費することは、余分なコストを削減すると共に、地域の生産者を後押しできます。
③ 再生可能エネルギーを利用する
 エネルギー危機や環境汚染が問題視される中、地球環境にやさしい、太陽光、風力、バイオマスなどの再生可能エネルギーを積極的に活用します。
 東京都では、2025年4月から新築住宅等への太陽光発電設備の設置、断熱・省エネ性能の確保等を義務付ける制度が創設されました。
④ 被災地で作られたものを購入する
 今年の元日に起きた能登半島地震をはじめ東日本大震災など、災害の多い日本には各地に被災地が存在します。そういった被災地で作られた商品を購入することは、被災地の人々を支援することに繋がります。
⑤ 必要なものだけを購入して食品ロスを減らす
 農林水産省が公表した最新の推計によると、日本では令和3年度の食品ロス量は523万トン(前年度比+1万トン)で、そのうち食品関連事業者から発生する事業系食品ロス量は279万トン(前年度比+4万トン)、家庭から発生する家庭系食品ロス量は244万トン(前年度比▲3万トン)でした。
 すぐに食べるものなら賞味期限の近いものを選ぶ、処分される前の値引き商品を買う、賞味期限切れで廃棄することがないよう必要以上に商品を購入しない、といったことを心掛けることで食品ロスを減らすことができます。
⑥ マイボトルやマイカトラリー(ナイフ、フォーク、スプーン)を利用する
 ペットボトルのゴミを減らすためマイボトルを利用する、プラスチック製の使い捨てアイテムを使わずに済むようマイカトラリーを持ち歩く、といったことがゴミを減らすことに繋がります。

 

〇事業者ができる具体例
「エシカル消費」として事業者ができることはどんなことでしょうか。具体例を以下に記します。

 

① 環境に配慮した商品開発
 資源を再利用して商品を作ったり、フェアトレードとして認められる商品を開発します。
 自然環境に配慮した認証ラベルである有機JASマーク、海のエコラベル、責任ある森林管理のマーク、RSPO認証、GOTS認証などが付与できる商品や、電気の消費や二酸化炭素(CO2)の排出量を減らす省エネ商品を開発します。
② 余剰の食品や商材の譲渡
 まだ食べられる食品や使える商材は廃棄せず、求める人に提供します。
③ 地産地消の活用
 地元の商品や食材を購入することで、輸送コストや二酸化炭素(CO2)の排出を減らすと共に、地域経済の活性化を支援します。

 

〇事業者が「エシカル消費」を推進するメリット・デメリット
 事業者が「エシカル消費」を推進する際には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

 

(1) メリット
① 企業のイメージアップが図れる
 地球環境や社会全体への配慮ができる企業は、長期的な視点で行動できる企業として、消費者はもとより、国の機関や投資家からの評価を高められます。
② 新規事業展開に繋げられる
 地球環境や社会全体に配慮した商品を検討することで、新規事業に発展する可能性が生まれます。
③ 競争優位性を確保し易くなる
 環境に配慮した商品やサービスを販売すると、「エシカル消費」の意識が高い顧客層を獲得できます。特に若い世代は「エシカル消費」に対する感度が高いと言われています。
 サプライチェーンの透明度が増し、信頼度が向上します。
 できる部分からでも「エシカル消費」に関わる商品を展開することで、競合他社に対して、商品や顧客層を差別化できるため、競争優位性を確保し易くなります。

 

(2) デメリット
① 導入コストが必要
「エシカル消費」に関わる商品を開発して認証マークを得るには、開発費だけでなく、認証費用等のコストが掛かります。
 環境配慮の意識は広まりつつあるものの、日本での「エシカル消費」の認知度はまだそれほど高まっておらず、導入に対する費用対効果が見込めない可能性があります。
② 商品の価格が高くなる
「エシカル消費」に関わる商品やサービスは一般的に手間やコストが掛かることが多く、販売価格が高くなり易い傾向です。
 消費者に「価格が高い」と感じられてしまい、商品を購入したくてもできないといったジレンマに陥る可能性があります。

 

〇まとめ
 私たちが少しずつでも常日頃から「エシカル消費」を意識した行動を実践すると共に、事業者が「エシカル消費」を推進することで、サステナブルな社会の実現に繋がります。
 特に事業者にとってはイメージアップが図れると共に、新規事業の展開を実現できる可能性があります。認証ラベルの導入や地域との協力体制を築く等、自社で取り組める方法を検討しながら「エシカル消費」に関わる商品やサービスの展開に踏み出してはいかがでしょうか。