巻頭言 イベント コラム・Global Place コラム・インバウンドビジネスあれこれ トピックス 
 支援マニュアル お役立ちサイト 国際部の概




 


 国際部では、インバウンド対応を含めた中小企業の国際化に関わる診断士の支援となる有益な情報を提供しております。

2018年度の活動予定
◇日本国内で世界を感じることができる場所を訪問する「グローバル化の実態を知る体験ツアー」の開催(7月)

◇国際化をテーマにそれに関わる講演者をお招きして有益な情報を提供する「国際オープンセミナー」の開催(11月予定)

◇ジェトロや東京商工会議所で開催される国際関連の各種セミナー・講演会などを案内する「イベントカレンダー」の提供(毎月更新)

◇ビジネスだけではなく、社会問題など様々な国際関連の情報を部員が持ち回りで提供する「コラムGlobal Place」の掲載(毎月更新)
 
 なお、国際部では新入部員を募集しております。現在、部員は10名です。海外業務の経験は必要ありません。企業内や若手の熱意のある診断士の方も大歓迎です。関心のある方は、ぜひ見学にお越しください。部員一同お待ちしております。


2018年 6月 国際部長 大檐 賢嗣

  【過去の「巻頭言」掲載歴】



 国際部は下記の方針に基づき活動を行って参ります。

1.    公的機関等が発表する国際関連情報を収集し、会員に提供する。

2.     公的機関との連携による会員の国際活動領域・職域拡大に努める。

3.     国際関連研究会との連携。

4.     支部国際事業推進部が主催する国際業務の窓口機能を発揮する。

5.     上記に関連する支会の国際事業を行う。



 
 
 
 
 

 (この欄では、公的機関、東京協会、各支部で開催される国際関連事業の予定をご案内致します。)

2018年

■ジェトロ開催(詳細は、https://www.jetro.go.jp/events.html
*11月9日現在、11月25日以降(1ヵ月先まで)に開催されるイベント情報の抜粋です。

・経済産業省「アジア航空機サプライチェーンフォーラム」
 2018年11月27日(火)13時00分~16時00分
 東京ビッグサイト(江東区有明3-11-1)

・「ユーラシア新時代:中央アジアの変革とロシア・中国」ビジネスセミナー
 2018年12月4日(火)13時30分~16時15分
場所:ジェトロ本部(港区赤坂1-12-32)


■東京商工会議所(詳細は、http://event.tokyo-cci.or.jp/
*11月9日現在、11月25日以降(1ヵ月先まで)に開催されるイベント情報の抜粋です。

・インバウンド需要対応! スマホ・タブレットを活用したキャッシュレス入門
2018年11月26日(月)14時00分〜16時00分
場所:台東区民会館(台東区花川戸2-6-5)

・中小企業のための国際展開セミナー:ASEAN地域におけるナショナルスタッフの育て方!~現地工場などで留意すべきポイント~
2018年11月29日(木)10時00分〜12時00分
場所:コンファレンススクエア M+(千代田区丸の内2-5-2)

・どうなる?2019年日本経済・世界経済
 2018年12月12日(水)15時00分〜16時30分
 場所:タワーホール船堀(江戸川区船堀4-1-1)
 
・「新しい戦略で米国市場に挑戦!最小コスト&リスクでアメリカに進出する方法」
(米国・インディアナ州セミナー)
 2018年12月12日(水)14時00分〜16時00分
 クロストランジット日本橋(中央区日本橋室町1-5-3)


■中小企業大学校虎ノ門セミナー( http://www.smrj.go.jp/event/t_seminar/index.html )
 □「動画で見る虎ノ門セミナー」セミナー名抜粋
 ・ASEAN地域への進出におけるメリット・デメリットと実際の進出企業の事例紹介【全6本】
 ・自らのグローバル化の「あるべき姿」を考えてみる【全5本】
 ・eコマース入門 ネットショップ開業のABC【全6本】
 ・ミャンマーにおけるビジネスチャンスと中小企業のグローバル経営【全6本】







 
 
 
 
 

(この欄では、海外のビジネス、出来事、話題或いは見聞を掲載します。)

マカオに行ってきました
国際部  中村 寛

 今年3月に妻と子供二人の四人でマカオを訪れた。マカオに点在する世界遺産建築とポルトガル料理がお目当てだ。というわけで、今回はマカオについてご紹介する。最後に東京で味わえる本格ポルトガル料理店を紹介しているので是非ご賞味あれ。
マカオ観光は香港旅行に組み込まれていることが多い。香港からフェリーで日帰りのツアーだ。つい先日、香港とマカオを結ぶ世界一長い全長55㎞の橋が開通した。これによって香港からのアクセスはよくなり、マカオへの観光客も増加することだろう。因みに私はマカオ航空の直行便を利用した。左右3列ずつの150人程の飛行機で、大気の状態が良くなかったのか、ブランコのようにずいぶんと揺れた。
日本との時差は1時間。公用語は中国語(広東語/繁字体)とポルトガル語だが、ポルトガル語は道路標識やバスのアナウンスで流れる程度で、人口65万人のうち92%が中国系ということもあって、話されているのはほぼ中国語だ。もっとも観光で成り立っているところなので、主なホテルやレストランなどでは英語は通じる。通貨はパタカ(Pataca)と100分の1単位のアボス(Avos)。3か月以内の滞在はビザ不要だ。
              
        聖ポール天主堂跡                      石畳の街並み

 16世紀初頭、ポルトガルはマカオを東南アジア・東アジアへの貿易およびキリスト教布教の拠点とし、1849年に植民地とした。その当時の教会や建造物が「マカオ歴史市街地区」として2005年、ユネスコ世界遺産に登録されている。日本人には馴染み深いフランシスコ・ザビエルの遺骨が安置されている聖ヨゼフ協会、長崎で殉教したポルトガル人宣教師や島原の乱での日本人殉教者の遺骨が安置されている聖フランシスコ・ザビエル教会、日本人宣教師の教育が行われていた聖ポール天主堂跡などがある。それらは歩いて1時間から1時間半程度の区域の中に点在しており、天気が良ければ街の雰囲気を感じながら歩いて回れる。路地に入ると石畳や石造りの建造物の閑静な佇まいがあり、16世紀のポルトガルが感じられる。私はポルトガルの街並みをじかに見たことはないが、ポルトガルがブラジルを植民地にした当時の拠点であるブラジル東北地方の都市サルバドールにマカオの街の雰囲気が似ているのだ。また路地もそうだが、マカオの中心地、セナド広場でもサルバドールのある広場が思い起こされた。その広場も観光スポットだが名前は奴隷広場という。アフリカから連れてこられた奴隷が取引されていたところだ。
               
                        セナド広場

 古い町並みとは対照的にマカオには奇抜な建物が多く、目を楽しませてくれる、というかビックリの連続だ。到着した夜9時頃のマカオ空港からホテルに向かうバスからは、虹色に光り輝くホテルやカジノ、門前に鎮座する大きな金色のライオン、光を受けながら形を変えるカーテン状の噴水などが見え、車内は驚きの声とシャッター音が絶え間なかった。金の使い方が違う。
         
          バスから見えたホテル①                   バスから見えたホテル②

 ホテル到着後、何軒かのカジノに行ってみた。貧乏旅行なので賭け事はせず見学だけだったが、結構面白かった。VIP用のカジノでは掛け金の最低額が1万円相当で、遊んでいたのは殆どが中国人だった。ルーレットで大当たりしていた女性の周りに人だかりができていたが、あの女性はきっとサクラだろう。

 ここからは今回食べた料理の話をしよう。マカオでは、中国料理、ポルトガル料理、マカオ料理が味わえる。マカオ料理はポルトガル料理をベースに中華を取り入れたものだが、今回は食しなかった。まず着いた晩の夕食はホテルの近くの中国料理で済ませた。中国料理は広東料理が主流だ。最初に青島ビールを注文し、壁に貼ってあるメニューの写真を見て、適当に美味しそうなものを頼んだ。夜遅かったこともあり二品だけだったが、そのうちひき肉とピーナッツと唐辛子を炒めたヤツは舌が痺れて痛かった。
 翌朝、事前に調べていたポルトガル人がやっているというカフェに行った。ポルトガル人っぽい若い男性がケーブルテレビらしいサッカー番組から目を離して応対してくれた。「日本から初めてマカオに来たのだが、何がおススメか?」とポルトガル語で聞いてみると、エッグタルトを勧められた。それだけでは少ないので、コッペパンのようなものにハムとチーズを挟んで軽く焼いたものとコーヒーを注文した。男性は注文したものを我々に差し出すと、またサッカー観戦に戻っていった。香港のお土産にエッグタルトがあるが、そもそもこれはポルトガルのお菓子で、それがマカオに伝わったものだ。マカオで食べたのは大変美味しかったが、恐らく本国で食べるとものすごく甘いのではないかと推測する。
        
               ポルトガル人カフェのエッグタルトとハムチーズサンド

 その日の昼と夜はポルトガル料理店に行った。昼食は歩道で「葡国料理」の看板を持っていた女性の案内で、とある店に入る。そこでケールのスープ、チーズ&オリーブonトマト、ビーフシチューとビールを注文した。ポルトガルっぽかったのは、ケールとオリーブ、それにトマトか。トマトはポルトガルの主要農産物である。
                    
                      ケールのスープとトマトサラダ

 夜はホテルに置いてあったガイドブックに載っていた店に行った。粗挽きソーセージ、タラの塩漬けをほぐしたものと千切りポテトフライを混ぜたもの、豚肉とジャガイモを煮たもの、トマト・レタス・オリーブのサラダ、およびビールのちワインを注文した。ポルトガルでは魚介類がよく食べられるが、特にポルトガルっぽいのはタラの塩漬けだ。ポルトガル語でバカリャウ(bacalhau)という。今回は予算の関係でほぐしたものを食べたが、しっかりした切り身のものをオーブンで焼いたものは絶品だ。
      
      バカリャウとポテトフライ               粗挽きソーセージとトマトサラダ

 ポルトガル料理に関しては東京にいい店があるので一度トライされてはどうだろう。店の名はManuel Casa de fado (マヌエル・カーザ・デ・ファド)。ググると出てくる。今回知ったのだが、この店の本店はマカオにあるらしい。
旅行先で入るレストランは、ガイドブックに載っていないところと決めている。今回も全てネットや現地で調べたところや、ぶらっと入った店だ。その方が値段も安く、現地の味や雰囲気が楽しめる。またポルトガル料理を食べに行ってみたい。

以上

(2018年11月)


【過去の掲載歴】



 
 
 
 
 



2018年問題

国際部 米山 伸郎


 2018年問題をご存知でしょうか?
来年が日本の大学や専門学校進学者の減少し始める年であることが人口動態的に明らかとなっており、ただでさえ既に定員割れを起こしている大学の入学生不足の問題が加速することを表す社会問題です。同様に、中小企業の高卒新卒採用の現場も厳しさを増すものと予想されます。
 この問題に対する備えとして、大学や専修学校ではアジアを中心に、日本に関心の高い高校生を留学生として招き入れ、日本での就職にまでつなげようという動きがあります。日本側がイニシアチブをとるケースはもちろんのこと、学生を送り出すアジア側でも「少子高齢化日本」を人材派遣のマーケットチャンスと見て“売り込む”動きが活発になっています。
 筆者が関与する限られた範囲でもベトナムやインドネシアから有為な高校卒業予定者を選抜し日本に送り込み、まず日本語学校でN1(ほぼ母国語レベル)にまで日本語能力を高め、そこから特殊技能を身に着ける専修学校(職業訓練校)を経て国家資格を取得し、日本で就職するスキームができ上がりつつあります。その中でもホテル・観光のホスピタリティの教育で有名な専門学校日本ホテルスクールや美容のコスメ・ネール・ヘアケアの教育において先端を行くメイ牛山学園ハリウッド大学院大学などはアジアからの留学生を積極的に受け入れています。
 日本側の人手不足と、アジアから増大するインバウンド客への対応ニーズから上述の日本語―専修学校-国家資格取得―日本での就職のスキームが今後ますます期待されてくるものと思います。

以上

(2017年3月)


【過去の掲載歴】




 
 
 
 
 

  (この欄では、国際化に関するトピックスを報道記事や公的機関の広報などから紹介します。)

 ■2017年4月7日に中小企業庁が「中小企業海外展開支援施策集」を改定しました。中小企業の方が海外展開に関する支援施策をご利用になる際の手引書となるよう、海外展開の進捗状況に合わせて段階別に支援施策を紹介しています。
   http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kokusai/2017/170407kokusai.html

 ■
中小機構のホームページに掲載されている「海外販路開拓に向けた展示会活用方法バーチャルセミナー」を紹介します。
   http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/virtual/070462.html

 ■厚生労働省のホームページに「外国人雇用対策」があります。
  その中にある「高度外国人材活用の為の実践マニュアル」をご紹介します。
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/oshirase/110224.html

わが国の経済活力を高めるためには、国内人材の活用と併せて、高度外国人材の積極的な活用が重要な課題ですが、現状では、高度外国人材を受け入れる企業が少なく、さらには、外国人ならではの発想力や高度な専門性も有効に発揮しきれていないなど、高度外国人材を活用する仕組みが十分に整備されているとは言えません。

そこで、厚生労働省は、「企業における高度外国人材活用促進事業」(株式会社富士通総研に委託)を実施し、有識者による検討会、企業・高度外国人材本人へのアンケート調査、ヒアリング調査等を通じて、企業における具体的な環境整備について検討し、企業向けの「高度外国人材活用のための実践マニュアル」を作成しました。


■「中小企業海外展開支援大綱」がまとまりました

 623日、中小企業の海外展開支援の総合的な取り組みとしての「中小企業海外展開支援大綱」が決定されました。
 今後この大綱にしたがって、中小企業庁及び他支援機関などが、中小企業の海外展開にかかる50000件の商談を支援するなどの構想が打ち出されています。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kokusai/2011/110623KaigaiTenkai.htm




 
 
 
 
 

 

「「国際化支援マニュアル」への小論掲載中止のお知らせ」はこちら☞
「国際化対応力診断の体系と着眼点(改訂版・その三)」はこちら☞
「国際化対応力診断の体系と着眼点(改訂版・その二)」はこちら☞
「国際化対応力診断の体系と着眼点(改訂版・その一)」はこちら☞
「外航貨物の海上保険に関する考察」はこちら☞
「船荷証券の要件と条文解釈」はこちら☞
「派遣人材に必要な資質と能力及び研修プログラムの例示」はこちら☞
「事業環境の変化に適応できる人材グローバル化に関する一考察」はこちら☞
「新興国における人材の現地化を阻む要因」はこちら☞
「日独版公的人材育成策の比較」はこちら☞
「企業市民への実現努力と経営理念・CIの明示を」はこちら☞
「進出地域の三極集中と企業組織のあり方」はこちら☞
「本社の現地法人に対するリスク・マネジメント・システム(その四)」はこちら☞
「本社の現地法人に対するリスク・マネジメント・システム(その三)」はこちら☞
「本社の現地法人に対するリスク・マネジメント・システム(その二)」はこちら☞
「本社の現地法人に対するリスク・マネジメント・システム(その一)」はこちら☞
「新興国に進出する中小企業のためのマネジメント・リスク対策(その五)」はこちら☞
「新興国に進出する中小企業のためのマネジメント・リスク対策(その四)」はこちら☞
「新興国に進出する中小企業のためのマネジメント・リスク対策(その三)」はこちら☞
「新興国に進出する中小企業のためのマネジメント・リスク対策(その二)」はこちら☞
「新興国に進出する中小企業のためのマネジメント・リスク対策(その一)」はこちら☞
「アウトバウンドの海外訪問日本人に関する考察」はこちら☞
 【資料-1】アウトバウンド施策~日本人の海外旅行振興策~
        (出典: 観光庁)はこちら☞

 【資料-2】年別 訪日外客数,出国日本人数の推移
        (出展:日本政府観光局(JNTO))はこちら☞

「インバウンド型の訪日外国人客に関する考察」はこちら☞
 【資料-1】世界各国・地域への外国人訪問者数
        (出典: 世界観光機関(UNWTO)、各国政府観光局 作成: 日本政府観光局(JNTO))はこちら☞

 【資料-2】訪日外客数シェア比較
        (出展:日本政府観光局(JNTO))はこちら☞

「貿易取引における信用状に関する要点整理(再考)」はこちら☞
「貿易取引における決済手段に関する考察」はこちら☞
「国際貨物の輸送形態と船荷証券に関する考察」はこちら☞
「ドイツの産業クラスター政策から学ぶ我国の地方創生への示唆」はこちら☞
「ドイツ中小企業の強みと公的支援策」はこちら☞
「ドイツ連邦共和国の経済力分析」はこちら☞
「貿易実務に関する考察」
   ~信用状、船荷証券、貨物海上保険証券~はこちら☞

「貿易実務に関する考察」
   ~上質印刷洋紙の輸出貿易を課題として~はこちら☞

「貿易理論に関する考察」はこちら☞

「中国進出企業のリスクマネジメントに関する小論
   ~その十二~中国経済の発展と現状」はこちら☞

「中国進出企業のリスクマネジメントに関する小論
   ~その十三~中国進出の消極論と積極論」はこちら☞

「中国進出企業のリスクマネジメントに関する小論
   ~その十一~税制」はこちら☞

「中国進出企業のリスクマネジメントに関する小論
   ~その九~信用リスク対策と管理上の問題点」はこちら☞

「中国進出企業のリスクマネジメントに関する小論
   ~その十~知的財産権のリスク対策と留意点」はこちら☞

「中国進出企業のリスクマネジメントに関する小論
   ~その五~中国の金融システム、金利システム~」はこちら☞

「中国進出企業のリスクマネジメントに関する小論
   ~その六~人民元の資金調達と法的手続~」はこちら☞

「中国進出企業のリスクマネジメントに関する小論
   ~その七~人民元国際化の進展と課題~」はこちら☞

「中国進出企業のリスクマネジメントに関する小論
   ~その八~人民元の為替変動とリスク対策~」はこちら☞

「中国進出企業のリスクマネジメントに関する小論
   ~その四 中国企業との合弁契約締結上の留意点について~」はこちら☞

「中国進出企業のリスクマネジメントに関する小論
   ~その三 営業秘密保持義務及び競業避止義務条項を含む労働契約の締結に向けて~」はこちら☞

「~その二 中国企業の買収時における労務DD実施について~」はこちら☞
「~その一 縮小・撤退戦略における持分譲渡と会社清算について~」はこちら☞
「中国ビジネス事情あれこれ~その一  手形・小切手制度の概要と留意点~」はこちら☞
「海外子会社に対する本社の管理システムについて」はこちら☞
「企業買収の概要・利点・問題点・戦略的視点」はこちら☞
「為替リスクとカントリー・リスク」はこちら☞
「中国企業との合弁契約締結上の留意点」はこちら☞
「進出形態別の概要・利点・問題点・留意点のまとめ」はこちら☞
「公的機関における国際化支援策と国際派診断士の活躍の場」はこちら☞
「公的機関別中小企業の国際化支援策一覧」はこちら☞
「中小企業の人材国際化診断着眼点」はこちら☞
「中小企業の国際化診断着眼点(海外進出前)」はこちら☞


 
 
 
 
 

(中小企業の国際化対応支援業務を行っている公的機関のサイトを紹介します。)

下記は、中小企業の国際化対応支援業務を行っている主要な公的機関ですが、海外進出の前後、輸出入、業務提携、人材育成、融資などの支援、国別地域別の一般情報や進出事例などが掲載されています。
公的支援機関のサービスマトリックスはこちら

(財)環日本海経済研究所 「北東アジア関連情報メールマガジン」
http://www.erina.or.jp/jp/Mailmag/index.htm

★日本商工会議所 「中小企業国際化支援ナビゲーター」

http://www.jcci.or.jp/kokusai/hp_international_division/

★中小企業基盤整備機構 「国際化の支援」
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/index.html

★日本貿易振興機構(JETRO) 「サポート&サービス」
http://www.jetro.go.jp/support_services/

★海外職業訓練協会(OVTA) 「企業の国際化と人づくり」
http://www.ovta.or.jp/index.html

★海外産業人材育成協会(HIDA)「専門家派遣事業」および「中小企業研修事業」
http://www.hidajapan.or.jp/index.html

★日本政策金融公庫 中小企業事業 「海外展開資金」
http://www.jfc.go.jp/n/finance/search/kaigaitenkai.html

★交流協会 (台湾に関する投資・貿易情報)
http://www.koryu.or.jp/



(平成2411月)







トップ